FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日お話をします。

昨日は昼間からお友達の家に遊びに行きました。

昼間は友達も暇しているみたいでちょっと連絡してみたらすぐ会う事になったんです。

久しぶりに友達の家に会いに行って雑談をしていました。

誰かといると時間が経つのは本当に早くてすぐに夕方になってしまいました。友達は

「もうすぐ旦那が帰ってくるわ」

なんて言って夕飯の準備をし始めました。

心の中でうらやましく思いながら私は邪魔になるので帰る事にしました。

「どうせ私は帰っても旦那は帰ってこないな・・・」

友達の家からうちに帰る途中の事です。
細い道で大きな車が私の横を通り過ぎました。
通り過ぎてちょっと先で停まったんです。

一瞬恐い感じもしましたが運転席から男の人が降りてきました。

「あのぉ。仕事が終わって帰り道なんですけど・・今通りすぎた時にチラッと見てこのまま帰ったら後悔すると思って車停めたんです。本当に僕の好みで・・」

そう話す彼を見てちょっと笑ってしまいました。

「ありがとうございます」

その彼は私と同じくらいの年齢に見えましたが私よりも4つ年上だそうです。

結局その場で少し話していたのですが彼の助手席に乗って軽くドライブに行く事になりました。

そして彼の家が今近いという事を知ったので彼の家にお邪魔する事にしました。

「本当に僕の好みなんですよ」

「ごめんなさい。私もう結婚してるんですよ」

「そうなんですか??まだ若いのに早いんですね」

「でも夫婦仲は最悪ですよ。」

なんてまた旦那の愚痴を言ってしまいました。

「僕なら絶対美奈さんに寂しい想いさせないのに」

そう言って彼は私に抱きついてきました。

「どうやって私を寂しくさせないの?」

そう言うと彼はそのままキスをしてきました。ちょっとづつ服も脱がされて気付くと全裸になっていました。

32732.jpg


そして彼は全身嘗め回してきました。その間私も彼の服を少しづつ脱がしていくとギンギンに大きくなったおちんちんが出てきました。

「すっごい大きくなってるよ私もおちんちん舐めたい」

そういうとシックスナインを始めました。

「あぁっ・・気持ちいい・・舌使いすっごくエッチですね」

「美奈さんの口もすごくいいですよ」

なんて言うから興奮してもっと頑張っちゃいました。

わざとエッチな音がするようにジュポジュポ音を立てて舐めてたら

「もう美奈さんの中に入りたいです」

私の上に彼が乗ってきました。
そして大きなおちんちんをおまんこに挿入してきたんです。

「あぁっ・・・すっごい大きいよ・・奥まで来て・・」

彼はおちんちんをガンガン突いてきました。
気持ちよくて私の声は部屋の中いっぱいに響いていました。

「あぁっ・・奥まで当たるよ・・すっごい・・」

彼のおちんちんがビクビク中で動き始めました。

「あぁ、美奈さん・・もうイク・・あぁ、出すよ」

彼はおちんちんを抜くと私の口におちんちんを持ってきました。

「美奈さん俺の精子飲んで。零しちゃダメだよ」

私は精子を全部飲んで彼のおちんちんを綺麗に舐めてあげました。

家も割りと近いしまた今度会う約束をして帰りました。

31295.jpg



美奈の事もっと知りたい人は

★メールはこちら
すぐ返信しま~す。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
人妻専用ライブチャットセカンドハウス
美奈を応援してください。
女の子エログランキング
エッチな女の子がいっぱいです♪

コメント

いつ見ても美奈さんのプロポーション&オッパイが綺麗ですね。
浮気も程々にね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。